2020年 第81回菊花賞 出走予定馬・過去の成績

kikkasyou
kikkasyou

クラシック三冠競走の最終戦として開催され、皐月賞は【最も速い馬が勝つ】、東京優駿は【最も運のある馬が勝つ】と言われています。

菊花賞はスピードとスタミナのある馬、京都競馬場の2度の坂越えと3000mと言う長距離を走ることから【最も強い馬が勝つ】と言われています。

菊花賞出走予定馬・過去4レースの成績

コントレイル【KONTRAIL】(JPN)プロフィール

生年月日2017年4月 1日調教師矢作芳人(栗東)
馬齢等牡3歳(青鹿毛)生産牧場ノースヒルズ
ディープインパクト産地新冠町
ロードクロサイト名前の意味飛行機雲

父 ディープインパクトと同じ無敗の三冠なるか。

年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.5.31東京東京優駿芝24001811福永祐一57.04602:24.1
2020.4.19中山皐月賞芝2000稍重1811福永祐一57.04622:00.7
2019.12.28中山ホープフルS芝20001311福永祐一55.04622:01.4
2019.11.16中山東スポ2歳S芝1800811R.ムーア55.04561:44.5

ガロアクリーク【GALORE CREEK】(JPN)プロフィール

生年月日2017年2月27日調教師上原博之(美浦)
馬齢等牡3歳(鹿毛)生産牧場笠松牧場
キンシャサノキセキ産地浦河町
ゴールドレリック名前の意味カナダの金鉱山より
年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.5.31東京東京優駿芝24001876川田将雅57.04982:25.0
2020.4.19中山皐月賞芝2000稍重18183L.ヒューイットソン57.04982:01.4
2020.3.22中山スプリングS芝18001061L.ヒューイットソン56.04961:49.8
2020.3. 1中山水仙賞芝2200864池添謙一56.05062:13.4

ブラックホール【BLACK HOLE】(JPN)プロフィール

生年月日2017年2月27日調教師上原博之(美浦)
馬齢等牡3歳(鹿毛)生産牧場笠松牧場
キンシャサノキセキ産地浦河町
ゴールドレリック名前の意味カナダの金鉱山より
年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.8.23札幌札幌記念芝20001249石川裕紀人54.04442:00.4
2020.5.31東京東京優駿芝240018177石川裕紀人57.04242:25.0
2020.4.19中山皐月賞芝2000稍重18129石川裕紀人57.04322:02.1
2020.3. 8中山ディープ記念芝20001144石川裕紀人56.04302:03.3

ビターエンダー【BITTERENDER】(JPN)プロフィール

生年月日2017年4月 7日調教師相沢郁(美浦)
馬齢等牡3歳(鹿毛)生産牧場桜井牧場
オルフェーヴル産地新ひだか町
ビタースウィート名前の意味絶対屈しない人。母名より連想
年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.5.31東京東京優駿芝2400181310津村明秀57.04642:25.2
2020.5. 9東京プリンシバル芝20001121津村明秀56.04641:59.8
2020.4.19中山皐月賞芝2000稍重181114津村明秀57.04642:02.4
2020.2.16東京共同通信杯芝1800稍重942F.ミナリク56.04601:49.6

ヴァルコス【VALCOS】(JPN)プロフィール

生年月日2017年2月14日調教師友道康夫(栗東)
馬齢等牡3歳(鹿毛)生産牧場ノーザンファーム
ノヴェリスト産地安平町
ランズエッジ名前の意味価値のある(ラテン語)
年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.5.31東京東京優駿芝240018614三浦皇成57.04982:25.5
2020.5. 2東京青葉賞芝24001842三浦皇成56.04982:23.0
2020.3.14阪神ゆきやなぎ賞芝2400稍重1121A.シュタルケ56.04962:28.2
2020.3. 2東京セントポーリ芝18001334O.マーフィー56.05001:47.5

ヴェルトライゼンデ【WELTREISENDE】(JPN)プロフィール

生年月日2017年2月 8日調教師池江泰寿(栗東)
馬齢等牡3歳(黒鹿毛)生産牧場ノーザンファーム
ドリームジャーニー産地安平町
マンデラ名前の意味世界旅行者(独語)

東京優駿ではそこそこのレースをし、しぶとさを見せたので今後のレースがたのしみです。

年月日レース名距離馬場頭数人気着順騎手重量馬体重タイム
2020.5.31東京東京優駿芝240018103池添謙一57.04862:24.9
2020.4.19中山皐月賞芝2000稍重1848池添謙一57.04862:01.9
2020.3.22中山スプリングS芝18001012池添謙一56.04901:50.0
2019.12.28中山ホープフルS芝20001332O.マーフィー55.04922:01.6

ディリー杯2歳ステークスの歴史と過去のレース|競馬デイリー杯

daily cup

デイリー杯の歴史 「デイリー杯3歳ステークス」の競走名で1966年に創設。 舞台を京都、阪神、中京、と幾度か変更しながら関西地区の主要な3歳(現2歳)重賞として定着していきました。 1984年のグレード制変更によりG2に格付け。 馬齢表示が国際基準に変更された2001年に「デイリー杯2歳ステークス」に改称された。 暮れのG1や翌年のクラシックにつながる重要な一戦として、毎年大きな注目を集めている。 デイリー杯の年表 1966年*「デイリー杯3歳ステークス」の競走名でレース創設。京都芝1600mで第1回施行1984年 *グレード制導入。GⅡに格付け 1989年 *混合競走となり外国産馬の出走が可能になる。 1995年*指定交流競走となり地方競馬所属馬(4頭まで)の出走が可能になる。 1997年 *競走距離を京都芝1400mから現行の京都芝1600mに変更 2001年*馬齢表記の国際基準への変更にともないレース名を「デイリー杯2歳ステークス」に変更 2010年*国際競走となり外国調教馬(9頭まで)の出走が可能に なる。 2020年 *阪神芝1600mで施行 デイリー杯|過去20年の歴代優勝馬Read More ディリー杯2歳ステークスの歴史と過去のレース|競馬デイリー杯

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *